メッセージ記法

メッセージ記法について

チャットワークにはメッセージ、タスク、概要内で使える独自のメッセージ記法が存在します。 メッセージ記法を使うことで情報を見やすく表示したり、Toや返信などの機能を利用することができます。

チャットワークのメッセージ記法は、HTMLタグの< >のように[ ]とブラケット(角括弧)文字にてタグ表記され、 単独のタグとして[tagname:value][tagname attr=value]と表記される場合と、[tagname]...[/tagname]のように開始タグと終了タグとで囲む表記があります。

なお、記法の説明のうち、{account_id}{room_id}など{ }で囲まれた表記は、 アカウントIDやルームIDなどの対応するデータが入ることを表しており、...は任意の文字列が入ることを表しています。

To

[To:{account_id}]

To機能として、相手を指名してメッセージを送信することができます。 指名された相手にはメッセージの背景が強調表示され、未読のToとして数字が未読数とは別にカウント表示されるため、より相手に気付いてもらいやすくなります。

Toタグのみでは、Toという表示と対象者のアイコン画像のみが表示されるため、よりわかりやすく名前も横に併記すると見やすくなります。例:[To:123] 山田さん

Toタグはメッセージ内に複数記述することができ、複数人に同時にToを送ることができます。

返信

[rp aid={account_id} to={room_id}-{message_id}]

返信はToと同じ意味を持ちますが、特定のメッセージに対する返信であるという情報を持たせることができます。

チャットワークのツール上では、「RE」というアイコンが表示され、そこをクリックすることで返信元のメッセージを表示することができます。

引用

[qt][qtmeta aid={account_id} time={timestamp}]...[/qt]

特定の文章を引用として表示できます。パラメータのaidには引用元アカウントのaccount_idを、timeには引用元メッセージのUnixタイムをセットします。

[qt][qtmeta aid={account_id}]...[/qt]

なお、timeは上記のように省略することもできます。その場合は、引用元の日時は表示されません。

インフォメーション

[info]...[/info]

インフォメーションタグをつかうと、メッセージを枠線で囲って特別なメッセージであることを表現できます。 システムからのメッセージであることを表現する場合などに便利です。

インフォメーション + タイトル

[info][title]...[/title]...[/info]

インフォメーションに、タイトルを入れることができます。

罫線

[hr]

メッセージに横の罫線を引くことができます。情報を見やすく区切るのに便利です。インフォメーションタグの中でも使えます。

アカウントのアイコン表示

[picon:{account_id}]

特定アカウントのプロフィールアイコンを表示することができます。

アカウントのアイコン + 名前表示

[piconname:{account_id}]

特定アカウントのプロフィールアイコンと名前を表示することができます。